UPCOMING

 

1570688475.jpg

ヨシダダイキチ x 蔡怜雄

11/10 (Sun) @hako gallery 代々木上原
渋谷区西原3−1−4 2F

open 17:30 start 18:00 (~20:00)
Adv.¥2,500 Door.¥2,800 *ドリンク代別

ご予約はFacebookイベントページでの[参加]ボタン
または hako gallery へ直接ご連絡か
info@leosai.com (蔡)までお願いいたします。

ヨシダダイキチ(シタール奏者)
Ustad Shujaat Khanの弟子。
ハビタット・センター、インターナショナル・センター、エピセンター、プラチーン・カラ・ケンドラホール、 在インド・ジャパン・ファンデーション、在インド・インド日本大使館など、
インド各地、中国、台湾、韓国、カナダ、アメリカなど国内外で公演。
ボアダムス・YOSHIMIOとのユニット「saicobab」等で活動。saicobab「SAB SE PURANI BAB」は「2017年聴くべきアルバムtop15(米rolling stone)」 「2017top27(英wire)」に選ばれる他、多数のアルバムを国内外のレーベルからリリース。 UA等に楽曲提供他、CM、映画、アニメ等でも演奏。夜タモリ、題名のない音楽会、ムジカ・ピッコリーノ等に出演。
http://www.yoshidadaikiti.net

 

オオカミに導かれて

山口亮志、蔡怜雄、太田惠資71709171_2153591911601287_1011496645390499840_o.jpg

11月27日水曜日

野瀬昌樹個展〜オオカミに導かれて〜とのコラボレーション。山口亮志と蔡怜雄のデュオにヴァイオリンの太田惠資を招き、抽象音楽世界を繰り広げます。

演者:
山口亮志(ギター、12弦ギター、ウード)
蔡怜雄(トンバク・ダフ)
太田惠資(ヴァイオリン)

open 18:30 start 19:30
3000円+1ドリンクオーダー 予約優先制
予約申し込み先:お名前、人数を明記の上、info@leosai.comまでお送り下さい。
※当日のキャンセルは、参加費の100%を申し受けます。

 

Matin Kamali x Leo Sai

Persian music Duo

72561477_10157816186907557_4845459933002465280_n.jpg

NY在住のサントゥール 奏者Matin Kamali さんとのコンサートです。
蔡怜雄とMatin Kamali はボストンで同じアンサンブルのメンバーでした。(写真はボストン時代のグループのもの)約1年ぶりの二人でのコンサートお楽しみください。

11月28日(木)
開場 18:30
開演 19:30
¥2000+オーダー
#カフェデソレイユ (#Cafe_des_Soleils)
東京都世田谷区大原1-9-13
地図はこちら
https://www.google.co.jp/maps/place/カフェドソレイユ/@35.6672054,139.6636138,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x6018f305a852b74f:0x6bd009eaed694f5a!8m2!3d35.6672054!4d139.6658025?hl=ja

(京王井の頭線、小田急線 下北沢駅西口 徒歩8分/京王線 笹塚駅 徒歩10分)
ご予約・お問い合わせ info@leosai.com

73031729_1306289476210999_4222252438821797888_n.jpg

 

73342334_2138492076253062_7564755452114763776_o.jpg

 

古代ペルシアにルーツをもち、ピアノの先祖といわれるサントゥールと、指先の動きで多彩な音色を繰り出すトンバク・ダフの二重奏ライブです。その聴き方や楽しみ方は人それぞれ。一音一音を追いかけるのもよし、はたまたその場にゆらめく雰囲気のみを感じるもよし、“中東っぽい”音色や音階に酔うのもよし、一緒にリズムをとってみるのもよし・・・。ペダル踏みっぱなし状態のピアノのように、音が幾重にも積み重なるサントゥールは、ときに雄弁で、ときにやさしくモノローグを語ります。トンバクとダフは、これが太鼓?といいたくなるような多彩な音色で、独特のグルーブ感を生み出します。ぜひ、生で体感していただきたいです!

当日は、イランのおしゃれな雑貨・アクセサリーを扱うGenzaコーポレーションが出店予定です。イランから直輸入している可愛いイヤリングやネックレスをはじめ、布製品など、ここでしか手に入らないレアなグッズの数々をどうぞご覧ください。

[イランの冬至シャベ・ヤルダーとは?]
日本では冬至になるとカボチャを食べたり、湯船にゆずを浮かべたりしますが、イランでは古くからザクロやスイカを用意し、詩を吟じたりして、無病息災を願います。当日はGenzaコーポレーションより、このシャベ・ヤルダーの慣習にちなんだ、クールで可愛いグッズが目白押し!興味のある方はぜひこちらのページに「興味あり」を押してフォローしてください。

■2019年12月15日(日) 17:15開場 18:00開演 予約¥2,500 当日¥2,800
■ロバハウス
東京都立川市幸町6−22−32
■予約制(当日も参加可)
ご予約は、info@leosai.com(蔡)までメールをするか、
こちらの「民族音楽」までDMをお願いいたします。

■岩崎和音(いわさき・かずね)
大阪音楽大学作曲学科音楽学専攻卒業、イラン国立テヘラン大学大学院芸術学部音楽学科イラン・ペルシア古典音楽演奏コース修士課程(サントゥール)修了。当地では、古典音楽の理論を、国内外で教鞭を執るDariush Talaei氏、サントゥール演奏法を、西欧でも活躍するKamkar兄弟に師事。テヘラン大学より最優秀国際学生賞受賞。2019年、日・イラン国交樹立90周年記念式典にて演奏。現在まで、テヘランや日本国内各地で演奏・講演、テレビ番組やCM等の音楽制作を手がける。
■蔡怜雄(さい・れお)
幼少期より民俗楽器や古代の文明に興味を持つ。高校卒業後バークリー音楽大学に入学しイランの打楽器トンバクとダフに出逢う。音色の美しさや楽器のフォルムの美しさに惹かれ自分のメインの楽器とする。Payman Nasehpour氏を始めさまざまな奏者から演奏を学び各地で演奏活動を始める。2012年卒業後、帰国しイラン・ペルシア音楽を中心に創作や即興演奏にも取り組んでいる。

 

search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close